老後の生活を安定させる|株のソフトで楽々投資|迷ったときのお助けツール

老後の生活を安定させる

硬貨

公的年金の維持は困難

日本の高齢化は今後も進行し、2025年には高齢世代1人に対して、現役世代2人という人口比率になると言われています。こうした状態では公的年金の維持がますます困難になり、支給額の引き下げや支給開始年齢の繰り上げは避けられないと考えられます。公的年金だけでは老後の暮らしを支えられないとき、私設年金で不足分を埋めることができます。私設年金は基本的に自己責任で運用しなければならないため、面倒だと感じたり成果に不安を覚えたりする方もいます。しかし株式投資やFXなどに比べると、長期的に安定した投資ができる金融商品が多いという特徴があります。リスクの低い金融商品を選べば、十分な老後への備えになる点がメリットです。

確定拠出型の年金も

企業の中には独自に年金制度を設けているところがあり、これも一種の私設年金と言えますが、会社の業績によっては支給額が減る可能性もあります。個人で契約する私設年金は、銀行や生命保険会社などが取り扱っています。受給できる期間や受給額はあらかじめ決まっていることが多く、インフレによって目減りする恐れはありますが、確かな収入になることが利点です。私設年金としては確定拠出年金も利用できます。これは掛金が最初から決まっており、運用実績によって将来の受給額が変わる年金です。安定性という意味では確定給付型の年金に劣りますが、自分で運用方法を決められることや、結果次第で大きな収入が得られることから、活用する方が増えています。